2019

展示什器「ー内省する空間ー  アアルトの図書館と住宅」

Exhibition Table,  "-Introspective Space-  Libraries and Houses of Alvar Aalto"

展示什器設計・製作|堀越一希

会場構成|大村高広

 田町の建築会館ギャラリーで開催された建築模型の展覧会「-内省する空間ー アアルトの図書館と住宅」において、展示什器の設計・製作を担当しました。本展覧会のテーマであるー内省する空間ーを達成するためのものとして、また展示物のほとんどが「建築の断面模型」であることからも、通常のテーブルより高いH95cmとなっています。

​ フィンランドの建築家「アルヴァ・アアルト」が残した著名な家具は「適材適所で合理的に、彼自身が作れる」言葉にすると一見簡単そうな<アアルト性>なるもの、その姿勢が見え隠れしているように感じます。本展覧会において、その一解釈として設計を行い、「会場」と「展示物」をよりニュートラルに結びつける在り方を目指しました。

【寸法】幅 x 奥行 x 高さ:77 x 182 x 95 cm、天板厚み:2.1cm

【素材・仕上げ】脚:無垢材、天板:ランバーコア合板、マットウレタン塗装

​※詳細はページ下部のDetail

​展覧会名 | 「ー内省する空間ー アルヴァ・アアルトの図書館と住宅」
会期   | 2019年3月4日(月)~3月17日(日)
       国際シンポジウム 3月16日(土)
開館時間 | 10:00~19:00(土,日 10:00~17:00)会期中無休、入場料無料
会場   | 建築会館ギャラリー
所在地  | 〒108-8414 東京都港区芝5丁目26番20号

Photos & Movie by Kazuki Horikoshi

gallery_off.png

|

© 2017-19 Kazuki Horikoshi All Rights Reserved.