CHIADO caffe

October 11, 2017

 

 

 家の裏手ものすごく急な坂道をずーっと上がっていったところに、いつも訪れているカフェがある。カフェなんてどこも同じように見えるのだが、値段も味も結構違うことにやっと気が付いた。食べ物はだいたい美味いと思うのだが、舌が馬鹿になっているなりに頑張った結果である。「物価が安いからといってすぐ決めて入るのはよくない」と言い聞かせ家のまわりをずっと探していたのだが、とうとう見つけた。これは口コミや本でもあまり紹介されていないだろう。Wifi完備で外はトラムが走り、カンカンゴトゴトと音が鳴り響く、静か過ぎず適度な騒音がすごく心地良い。ちょっと狭いけどね。極めつけはとにかく安い。ほんとに安い。会計のとき、あまりの安さに定員がミスったのかと思ったぐらいだ。エスプレッソ+ミルクコーヒー+この巨大なマフィン?よくわかんないけど頼んでも€2.8である!もはや恐ろしい。あほみたいにカフェ探していますがきちんと前進はしている、ということを一応言及しておこう。ただふと思ったのは、人間あまり良くないor不便な状況に置かれると自然に外へ出ようとする気が起きるのですね。おかげ様でいまだ家で一日過ごしたことがありません。せっかく来たし、根暗の私にとっては好都合。ただ糖分を取り過ぎている気がしなくもない。

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Related article
Please reload

|

© 2017-19 Kazuki Horikoshi All Rights Reserved.