Biblioteca Nacional de Portugal

October 24, 2017

  

 研究を進めるべくリスボンの国立図書館にきた。家の近くに建築家教会の図書館もあるのだが閉まるのが17時と早くて、ここは19時半まで空いているとのことで助かる。調査するならその街のいっちゃんええ本屋にいって、「歴史コーナーにある目線の高さの棚においてある本が間違いないだろう」という推測がドンピシャで当たった。ばかデカい金文字で書いてある辞書みたいな本、しかし期待はしていなかったが全部ポルトガル語である。グーグル先生にはかれこれお世話になりっぱなしですが、これからもお世話になりそうです。先が長い。本は見つかったので一応一安心だが、なんといってもこの天井高い巨大レファレンスルーム(写真では小さく見えますが結構広い)が恐ろしく勉強しやすい。体育館の真ん中で本を読むって感じ。それに椅子がいい、ふかふかチェアー。開化書庫が良い図書館はたくさん存在するが、ここではレファレンスルームに投資している。読み手のことを一番に考えていて、「そういう手があったか」という気づきと実際に空気がとてもよい。机の寸法が50mmくらい少し高いんですよね、たった50mmぐらいですが本を読んだりパソコンをいじっていると下を向かなくなります。家からバスで35分とわりと掛かるのだが、この快適さなら通いつめてもいいかも。€1ナタ喰って帰宅

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Related article
Please reload

|

© 2017-19 Kazuki Horikoshi All Rights Reserved.