Happy new year in Lisbon

January 1, 2018

 

 海外で初めての年越しを味わった。リスボンの中心地、バイシャ地区のいっちゃん川側軸線上に都市の中でも一番重要な広場がある。コルメシオ広場というのだけれど、どうやらそこでカウントダウン花火が行われるらしい。海外のカウントダウンってイメージするとだいたい3、2、1で花火バーンいえーいぱーちいふぉおおおおビールびっしゃあああって感じだろうと思っていたら、本当にそのまんまだった。どうやら入場規制でポリスが検問していて、ビン缶などの貴金属は持ち込み不可になっているらしい。まあ投げるやつ絶対いるもんな。花火自体はすごかったのだけど、まさにパーティという感じで日本的な「風情」は全くない。夏に上がる哀愁漂う花火と比較してね。同じ花火でも「間」のとり方で環境や空間が変わってしまうっていうのは面白い。ここにきて日本の正月が恋しい、餅を喰らって蕎麦を食べてコタツに入りたいものである。最近「鴨だし10分どん兵衛」が食べた過ぎて死にそうで、ここまで見越して日本から買ってくればよかったと後悔。なんだかんだ在留もあと2か月に迫った。はやいなあ

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Related article
Please reload

|

© 2017-19 Kazuki Horikoshi All Rights Reserved.