Quinta da Regaleira, Sintra

February 4, 2018

 

  

 ペーナ宮殿の見学を終えて434バスでシントラまで戻る。もうひとつ行きたかったのが「レガレイラ宮殿」これも世界遺産だ。他にも「ムーアの城跡」という場所もあるが興味ないのでパス。この場所は宮殿というよりも庭園やランドスケープが面白い!またまた「ドラゴンクエスト」さながら実写版ダンジョンであり、そういう記事を幾つもWebで見ることができる。興味ある人はググって欲しい「まじだった」ってなりますよ。薬草(水)と地図が無いと広すぎて攻略が大変、ちゃんとセーブ(休憩)を忘れずに。途中に井戸があるのですが、こいつがお金を払ってまで見たかった目玉です。ダンテの神曲をモチーフにしており(この時点で理解不明)「イニシエーションの井戸」と呼ばれます。上を見上げた写真はそれです。これを降りていくと洞窟に辿りつき、スマホのライトがあってよかった...枝分かれして暗すぎる洞窟をずんずん進んでいきます。すると“バブルスライムが現れた!”と言わんばかりテロップが脳内に鳴り響く小さな池を発見できます。全然関係ないですが「勇者ヨシヒコ」の撮影地がここだったらとんでもないクオリティになりそうです。冒険の臭いしかしない幻想的な空間でした。また庭園内には錬金術や黄金比率、儀式的なレリーフが散りばめられているそうです。異質すぎてランドスケープの参考には一切なりませんが、向かう奥行の先が見えず、得体のしれない何かが現れるというのは本当にわくわくします。この体験をもし再現/設計できる手腕があったら...。入場料は6€です、またしても学割はありません

 

Share on Facebook
Share on Twitter
Please reload

Related article
Please reload

|

© 2017-19 Kazuki Horikoshi All Rights Reserved.