自由が丘104号室の改修
2018|Renovation, #104 in Jiyugaoka
堀越一希+兼本祐輔

<居室の「向き」を傾ける>という操作によってゆるく開く。
庭を介して街並みに住まうマンション一室の改修。

遠景.jpg

東京理科大学理工学部創設50周年記念事業
2017|Bridge, Tokyo University of Science 50th Anniversary Project 
木村友美+堀越一希(アドバイザー)

美しい利根運河の風景を壊さないように、
可能な限り“薄い”橋をすっと架けるという提案。

 

習作
2017|Study

湯河原の家
2017|House in Yugawara

漁師のための住宅。
職人がつくる「構成材」の組み合わせによって表れる、新しい建ち方への試み。

北沢の家
2016|House in Kitazawa
堀越一希+大村高広

傾斜地に位置する3人家族のための住宅。
敷地の内側に「小径」を通すことで生まれる暮らし方の提案。

浅草のビル(建設中)
2016|Building in Asakusa, Under construction
大村高広+堀越一希+木村友美

「ずっとつくり続ける」というビルディングタイプを提案している。
サグラダファミリアがもつ”祝祭性”と”産業化”を浅草で実現させようという試み。

住吉の隠屋
2015|Spy House, Sumiyoshi

密集市街地に建つ都市型住宅。
目と鼻の先にある名作住宅に対して、現代における「建ち方」を再定義した。

_DSC1495.jpg

南三陸町 復興の橋
2015|Memorial Bridge, Minamisanriku
堀越一希 + OUVI一級建築士事務所(構造協力)

最大津波到達高さT.P+15.9mというスケールを橋に与えた。
遺構としての橋、記憶を継承するための提案。